Skip to content

医療におけるユニフォームの意味と必要性

医師や看護師など医療の場で働く人たちはみなユニフォームを着ています。

それにはもちろん意味があります。極端なたとえになりますが、医師がパジャマで出勤し診察したらどうでしょう?患者さんか先生なのかぱっと見て分かりません。

診察してもらう患者さんもなんだか安心できないのではないでしょうか。つまり医療者のユニフォームには、ぱっと見ただけでその人が医療者であるという看板の役割があります。患者さんに安心し、信頼して治療を受けてもらうために必要なものなのです。

けれどもちろん医師の白衣やオペ着、看護師のナース服などには看板以外の、もっと重要な役割があります。それは汚れから着ている人をガードすることです。この場合の汚れとは、血液汚染などの感染の原因となる汚れという意味です。

医療従事者はたくさんの患者さんと接触します。なので、医療従事者を感染から護るということは、患者さんを感染から護るということでもあります。ですから、かつて白衣と言えば文字通り白色でした。汚染したときに気付きやすいからです。

近年では技術が進み生地自体に抗菌などの機能が付き性能が上がっていることもあり、グリーンや青など色付きのユニフォームも見られるようになってきています。

デザインもユニフォームとしての機能や意味を損なわない範囲で個性的なものや可愛らしいものなどが出てきており、働く人のモチベーションアップにつながっています。しかしそれでもまだ、医師の白衣や看護師のナース服は基本的に白や淡い色が多いです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です