Skip to content

職種で分ける医療用ユニフォーム

昔は医療機関で女性の人に会うと、患者さんは医療機関にいる女性職員=看護婦というイメージが強く、「看護婦さん、ちょっと…」と呼びかけることが多かったのではないでしょうか。

女性の社会進出に伴い、女医も増えてきていますし、男性が圧倒的に多かった放射線技師の世界も女性の人がいます。働いている自分たちも動きやすく、なおかつ他の人にもわかりやすくするためにユニフォームをうまく活用してみてはいかがでしょうか。

確かに医療機関で見られる名札には職名と氏名が書かれているかもしれませんが、じっとみなければわからないというのが事実です。遠目にみてもあの人は○○の人とわかることは、患者さんが話すときもまた同じ職員同士で話すときにも役に立ちます。

例えば、長白衣にしても今はおしゃれなものが多く出ていますし、デザインとしても違いがあります。医師なのか薬剤師なのか検査技師なのか見分けられるはずです。また、ユニフォームは色のバリエーションも多くなってきました。

看護師であっても病棟の所属か、外来の所属かケーシーの色で分けることも可能です。そのほか活動の多い、理学療法士はかつてはスポーツウエアとあまりかわりがないジャージ姿でしたが、医療用ユニフォームとして、スポーツのものとは違う雰囲気のものもあります。

動きやすさとスタイリッシュさを兼ね備えています。通販のユニフォーム販売の中には、豊富なバリエーションに加え、刺繍サービスを行っているところもあります。職種イメージや誰からみてもわかる形にするために検討してみてはいかがでしょうか。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です