Skip to content

ユニフォームのスカート選び

立って作業を行うという仕事内容の人になると、ユニフォームには女性であっても作業服が用意されるということも多いのですが、デスクワークが中心になるという場合やお客さんとの接客を中心とした仕事内容の女性となると、ボトムスがスカートでトップスにはシャツやジャケットを羽織るというスタイルが主流となってきます。

スカートは、女性らしくも見せることができるアイテムではあるのですが、着心地が悪かったり肌が露出しすぎるなどのデザインによっては逆効果となってしまうことがあります。ユニフォームのスカート選びでは、シルエットも注目しておきたいことの一つとなります。

布を筒状にして作られているスカートですが、まっすぐなシルエットのタイトや裾がふんわりと広がったフレアーなどの種類があります。かつてはタイトが主流だった時代もあったのですが、ウエストから太腿まで布がフィットしすぎて体のラインを強調してしまうことにもなるので、今日ではセミフレアータイプも多く取り入れられています。

フレアーとなると、ウエストや腰はすっきりとした細身でありながらも、裾はたっぷりとした布があることから足さばきもよくなりますが、振り返った時には布が遠心力で持ち上がってショーツが見えてしまう危険性もあります。

しかし、セミフレアーとなると適度な広がりで動いてもスカートの裾が持ち上がることもなく、歩くことで適度に裾が揺れるので嫌みのない女性らしさを演出できるユニフォームともなります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です